日本の法令はどうなっているの?

日本では、残念ながらまだサーカスの禁止はされていません。でも、本当に日本の基準を守ろうと思ったら、サーカスはできないはずです。

日本の動物の法令では、どのようなことが決められているのでしょうか。

(1)サーカスも第一種動物取扱業の登録が必要です

動物(哺乳類、鳥類、爬虫類)を利用する業を営む場合は、事業所のある都道府県等に第一種動物取扱業の登録をしなければなりません。サーカスは移動していますから、行く先々の自治体に登録を行う必要があります。

業者が守らなければならない細目を満たしていない場合は、自治体は業の登録を拒否することができますが、現地の立入検査は実際にサーカスが移動してからになりますから、実際には事前審査の役割は果たしていないことになります。

(2)クマ、ライオンなどの「危険な動物」の飼育には、飼育の許可が必要です

>> 特定動物について

(3)動物を展示する場合の基準があります

業の基準とは別に、動物を販売したり、見せたりする場合の基準があり、動物園等に対しては「動物本来の形態、生態及び習性を観覧できるようにすること」と定められています。しかし、サーカスではこのことが守られていません。

展示動物の飼養及び保管に関する基準

第4 個別基準

1 動物園等における展示

管理者及び飼養保管者は、動物園動物又は触れ合い動物を飼養及び保管する動物園等における展示については、次に掲げる事項に留意するように努めること。

(1)展示方法

動物園動物又は触れ合い動物の展示に当たっては、次に掲げる事項に留意しつつ、動物本来の形態、生態及び習性を観覧できるようにすること

ア 障害を持つ動物又は治療中の動物を展示する場合は、観覧者に対して展示に至った経緯等に関する十分な説明を行うとともに、残酷な印象を与えないように配慮すること。

イ 動物園動物又は触れ合い動物の飼養及び保管を適切に行う上で必要と認められる場合を除き、本来の形態及び習性を損なうような施術、着色、拘束等をして展示しないこと。

ウ 動物に演芸をさせる場合には、演芸及びその訓練は、動物の生態、習性、生理等に配慮し、動物をみだりに殴打し、酷使する等の虐待となるおそれがある過酷なものとならないようにすること。

2014-1
2014年のボリショイサーカス公演では、クマを棒で殴っているところが目撃された。

戻る