注目キーワード
  1. 木下
  2. ボリショイ
  3. 意見

ボリショイサーカス:馬 

競走馬の哀しき第二の人生

Bolshoi_horse2014-2
2014年公演 出演前の手入れ

Bolshoi_horse2014-1
2014年公演 炎天下の馬舎

●2013年公演に出演した馬

名前で調べると、日本産サラブレッドは皆、元競走馬であることがわかる。競馬を引退すれば肉になるのが普通ではあるが、サーカスで働かされることも果たして幸せだろうか。


ジギト(馬)
タルザン オス 赤毛 1985年生まれ ドン産

 
スターライトピエロ 去勢馬 黒鹿毛 1999生まれ
日本産サラブレッド 02/11/30購入

 
ダンディリーダー オス 栗毛 2004生まれ
日本産サラブレッド 06/06購入

 
タカラリーダー オス 鹿毛 2004生まれ
日本産サラブレッド 07/05/30購入

 
タマエコ オス 鹿毛 2004生まれ 
日本産サラブレッド 09/02/10購入

 
テイエムハクリュウ オス 芦毛 2007生まれ
日本産サラブレッド 11/01/13購入

●飼育舎図面 クリックして拡大
Bolshoibearhorse

>動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物たちは、自分でのぞんで芸をしているわけではありません。
彼らの本来の生き方とかけ離れた姿を見せることで、サーカスは、動物について間違った理解を広めています。
残念ながら日本では、マスメディアや大企業がサーカスの興行に関与しているため、正しい理解が広まりません。
草の根で、動物たちのために声をあげていきましょう。