注目キーワード
  1. 木下
  2. ボリショイ
  3. 意見

ボリショイサーカス7~8月公演は中止!&1月の東京公演の記録

ボリショイサーカス7~8月公演は中止!

ボリショイサーカスは、今年の夏は新型コロナウイルスの影響により、来日がありませんでした! よかった! 二度と来ないでほしいです。

公式サイトより▼

今回の新型コロナウイルス感染症に関わる動向を注視し関係各社と協議の上、公演開催に向けての準備を進めてまいりましたが、政府からの緊急事態宣言の発出とそれ以降の各自治体の対応、世界規模での感染拡大に伴う収束の不確定性を考慮いたしまして、2020年7月から8月にかけて予定しておりました2020ボリショイサーカス 日本公演の開催を取り止めることといたしました。

1月の東京公演の記録

でも、2019年から2020年にかけて、東京では、ボリショイサーカスの公演がありました。場所は東京ドームシティホール
<2019-2020 ボリショイサーカス 東京公演 プログラム>
空中ブランコ
空中アクロバット
熊のサーカス
犬のサーカス
猫のサーカス
ジギト(馬のサーカス)
イリュージョン
スペース・ホイール
トランポリン
ジャグラー
ピエロ、他
クマ
こんなことをまだやっているなんて野蛮じゃない?

会期:2019/12/21(土)~2020/01/13(月・祝)

主催 東京新聞、東京中日スポーツ、TOKYO MX
後援 ロシア連邦外務省、ロシア連邦文化省、駐日ロシア連邦大使館、
ロシア連邦交流庁(Rossotrudnichestvo)
東京都教育委員会、tvk、チバテレビ
こういう興行に会場を貸さないでほしいし、マスコミが主催しているのも恥ずかしいです! 教育委員会は何を考えているんだろう。間違った教育ばかりしている。
搬出の様子を見に行きましたが、バックヤードは完全に屋内でした。写真の他にもトラックが何台か来ていました。Twitterにしか書かなかったのでブログにも載せておきます。
最新情報をチェックしよう!
>動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物たちは、自分でのぞんで芸をしているわけではありません。
彼らの本来の生き方とかけ離れた姿を見せることで、サーカスは、動物について間違った理解を広めています。
残念ながら日本では、マスメディアや大企業がサーカスの興行に関与しているため、正しい理解が広まりません。
草の根で、動物たちのために声をあげていきましょう。