注目キーワード
  1. 木下
  2. ボリショイ
  3. 意見

横浜市からの回答。やはり動物取扱責任者は「常勤」かつ「専属」でなければならない

関連記事

横浜公演と広島公演の第一種動物取扱業の表示が変だ 今月27日から始まる横浜公演と、来年3月30日から始まる広島公演の第一種動物取扱業の表示に、動物取扱責任者として「堀浩」という名前が載りました。 これって、那須サファリパークと那須ワ[…]

先日、那須サファリパークの園長等を務める堀浩氏が木下サーカス横浜公演の動物取扱責任者になっている件について、ブログに載せました。

この件について、横浜市からも回答がありました。

ご指摘のとおり、動物取扱責任者は「常勤」かつ「専属」であることが要件であるため、
動物取扱業登録申請時にこの要件を満たすことを申請者に教示しており、申請者はこ
の要件の遵守を確約しています。

「もしかしたら変更があるかもしれないが、遵守する」ということらしいですが、現時点でも表記は「動物取扱責任者/堀浩」です。

堀園長に直接質問状を送りましたが、回答の期限は横浜公演が始まるまでとしました。回答待ちです。

横浜公演の動物愛護法関連の指導監視は、下記の2カ所が行います。

横浜市西福祉保健センター生活衛生課環境衛生係
電話:045-320-8444
FAX:045-320-2907
Email:ni-kankyo@city.yokohama.jp

横浜市健康福祉局動物愛護センター
電話:045-471-2111
FAX:045-471-2133
Email:kf-douai@city.yokohama.jp
最新情報をチェックしよう!
>動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物たちは、自分でのぞんで芸をしているわけではありません。
彼らの本来の生き方とかけ離れた姿を見せることで、サーカスは、動物について間違った理解を広めています。
残念ながら日本では、マスメディアや大企業がサーカスの興行に関与しているため、正しい理解が広まりません。
草の根で、動物たちのために声をあげていきましょう。