注目キーワード
  1. 木下
  2. ボリショイ
  3. 意見

川崎市からも回答。寄付を行えば公益事業? またしても詭弁になびく地方公共団体

木下サーカスの後援について、川崎市市長からも回答がありました。福祉施設入所者の招待を行っていることや、売り上げの一部を医療従事者への寄付を行っていることから公益性ありの判断なのだそうです。そんなことを言っていたら、どんな私企業でも公益性をうたうことができてしまいますね。

それに、医療に貢献することが重要であるなら、この緊急事態宣言下でサーカス公演を行わないことのほうが、よほど医療に貢献するはずです。

 

川崎市:市長への手紙

川崎市へご意見をお願いします。

https://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000016761.html

メールで送る場合

通常の封筒で送る場合

〒210-8577
川崎市役所総務企画局都市政策部企画調整課(市民との対話担当) 市長への手紙 御中

ファクスで送る場合

ファクス番号 044-200-3900

参考記事

関連記事

※最近の木下サーカスの興業は、自治体等の後援がウェブサイトに載らなくなりました。なんと、実際には後援申請はされていました。 サーカスは、れっきとした営利事業です。 しかし、地方公演ごとに開催地の地方自治体が後援につい[…]

関連記事

立川公演は、明日までです。早かったですが、今日も、木下サーカス前でアクションが行われています! 今日も糞尿のにおいがしたそうです。 あっという間でしたが、次がもう告知されています。 横浜公演 2020年12月27日~2021年3月[…]

 

最新情報をチェックしよう!
>動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物を見世物にする興行にノー!の声を

動物たちは、自分でのぞんで芸をしているわけではありません。
彼らの本来の生き方とかけ離れた姿を見せることで、サーカスは、動物について間違った理解を広めています。
残念ながら日本では、マスメディアや大企業がサーカスの興行に関与しているため、正しい理解が広まりません。
草の根で、動物たちのために声をあげていきましょう。